ごあいさつ

ABOUT AIAI

あいアイの理念

「年齢、性別、国籍、そして障害の有無を問わず創造活動し、その成果を障害者の自立の一助とする」2022年7月あいアイは認定NPO法人の認証を受けました。これからも更に支援活動の輪を広げてまいります。

GREETING

ごあいさつ

認定NPO法人あいアイ理事の林千惠子80才でございます。
私たち“あいアイ”は、これまで「年齢、性別、国籍、そして障害の有無を問わず創造活動し、その成果を障害者の自立の一助とする」をスローガンに、「障害者がアートを通じて精神的、経済的に自立して行ける環境を作ること」を目的に活動してきました。はじまりは私が大学生(19歳)のアルバイト先で出会った当時小学生の自閉症児との出合いでした。絵を描くことが好きだったその子は、最初は視線を合わすことができず「こっちを見て」と言っても見てくれませんでした。絵を描くには観察することがとても重要です。ある時、その子に物を見るという行動を覚えてもらおうと赤い風船を顔の前で破裂させました。するとその瞬間その子は破裂した風船をびっくりして凝視したのです。それ以来「見て」というと視線を向けてくれるようになってくれました。その子とのかかわりの中で障害者指導のノウハウが始まり、「○×△を描く」「基礎学ノート作成」「障害の言い訳はなし」「どんな発作に出合ってもダメはダメ」「覚悟を決めて」「凛として対応する」「作品を大切にする」などなど。今のあいアイのノウハウが生まれました。そして1972年本格的に活動を開始し、2003年に埼玉県川越市で法人化致しました。
現在は、①川越市にアウトサイダーアート美術館「あいアイ美術館」。②東京都北区に「あいアイ工房(就労継続支援B型事業所)」③川越、練馬、青山で絵画講座を運営しています。今後とも皆様とともにアウトサイダーアートが開花するをキーワードに「障害者の自立への歩み」をサポートしていければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

2022年7月

INDEPENDENCE

自立への思い

障害者、とりわけ知的障害などを伴っているあいアイの画伯たちは、特異な才能を秘めています。その作品はどれも見る人の心を惹きつけ、近い将来、近代芸術の一分野を担える力を感じます。私たちは、一日も早くその日が訪れ、それぞれが創作活動を通して自立できるよう支援活動を続けて行きます。
お近くにお越しの際は是非ご来館頂き、才能あふれるアウトサイダーアートの世界に触れてください。

SPREAD OF OUTSIDER ART

アウトサイダーアート普及に向けて

アウトサイダーアート(アールブリュット)とは知的障害者や精神障害者の作品など、また農民などが農業の閑散期に描いた作品など専門的な美術教育を受けていないアーティストたちの描いた作品の総称です。バリアフリーアートやエイブルアートとも言われます。既存の作品や技法だけにとらわれない内面から湧き上がる創作意欲のままに描かれた作品は、素朴な中にも特異な才能に溢れ、見る人を魅了する力に満ちています。私たちはアウトサイダーアートの普及に努めております。

OUTLINE

認定NPO法人あいアイ 団体概要

団体社名
認定特定非営利活動法人あいアイ
代表者名
理事 粟田 千惠子 (林)
所在地
〒350-1102 埼玉県川越市的場北1-17-3
設立
2003年 2月

AIAI’s HISTORY

あいアイの歩み

1961年 理事の林がアルバイト先で出会った自閉症の女の子とのかかわりから「創造活動を自立の一助とする」というあいアイの原点が生まれる。
1972年 本格的に活動を開始。スーパートマト子ども会の設立・運営に携わる。
1990年 障害者教育活動スタート。
1997年 創造活動による自立支援を目指す自主グループ「あい・アイ・I」が誕生する。
2001年 社会福祉法人新の理事に就任する。
2003年 2月 特定非営利活動法人あいアイ設立。
2007年 5月 念願のアウトサイダーアート美術館として「あいアイ美術館」を開設。
2010年 中国 上海万博に日本の障害者団体として出品し、中国でも大きな話題となる。
2011年 7月 東日本大震災復興支援活動「仮設住宅に1枚の絵を」をスタートし、各地の避難所を慰問する。
2012年 5月 川越市の支援を得て、本丸御殿隣接の郭町エリアに「あいアイ美術館」を移転。
2014年 6月 絵画での自立支援の強化のため、東京都北区に就労継続支援B型施設「あいアイ工房」を開設。
2014年 11月 平成26年度内閣府特命大臣表彰「子ども・若者育成支援部門」受賞。
2019年 12月 <JT助成事業>西日本豪雨からの復興支援活動「蘇る心のふるさと展」開催(広島県・川越市・埼玉県)。
2021年 7月 <ヤマト福祉財団助成事業>「川越の街を描く展」を埼玉・東京で巡回開催。
2022年 1月 バーチャル上に構築した川越の街を展示会場としたVR美術館をOPEN。
オール埼玉で彩る文化プログラム公募事業・地域リーディング部門に選出される。
2022年 2月 浦和競馬SDGsプロジェクト働きがい推進支援事業スタート。
2022年 3月 川越市市政施行100周年記念事業「みんなのぬり絵展」スタート。
2022年 7月 認定NPO法人として承認される。

ANNUAL REPORT

事業報告

タイトルとURLをコピーしました